コラム


2021-09-24

振袖はリメイク可能!振袖を大切に、長く楽しむ方法をご紹介

成人式に着用するものとして、昔から振袖が選ばれています。
未婚女性の正装とも呼ばれるため、「結婚すると着る機会が無いのでは?」と考える人も多いでしょう。

振袖は高価で思い出が詰まったものだからこそ、リメイクをして長く大切にしたいですよね。
実は、振袖をリメイクして着続けることができるのです。

今回は、振袖のリメイク方法についてご紹介します。
リメイクしたママ振袖をおしゃれに着こなす方法についてもご紹介するので、参考にしてみてください。

 

振袖のリメイクとは?パターン別にご紹介

振袖は、成人式や卒業式で着用したら役目が終わってしまうわけではありません。
技術に長けたプロにお願いすることで、さまざまな形にリメイクすることができます。
振袖をリメイクするパターンは3つ。

・訪問着にリメイク
・引き振袖にリメイク
・娘の振袖にリメイク

振袖を好みの形にリメイクして、より思い出深いものにしませんか?
それぞれを詳しくチェックしてみましょう。

 

振袖を訪問着にリメイク

振袖は、訪問着にリメイクすることができます。
訪問着とは、年齢に関わらず女性が着用できるきものです。
既婚・未婚を問わず、カジュアルな場面からフォーマルな場面まで長く愛用することができます。

振袖の袖を切って仕立て直すことで、訪問着に生まれ変わるのです。
振袖に限らず、きものはそれぞれのパーツを縫い合わせています。
昔の人たちも、リメイクをして大切に着続けたといわれています。

ただし、振袖はお祝いの柄をあしらった華やかなもの。
訪問着にリメイクするときには、柄の種類や配置にこだわりましょう。
雰囲気が大きく変わるため、事前にイメージすることが大切です。

 

振袖を引き振袖にリメイク

振袖は、引き振袖にリメイクすることもできます。
引き振袖とは、結婚式で着用する振袖です。
裾にふき綿を入れ、おはしょりを作らずにお引き(お引きずり)と呼ばれる状態で着用します。

振袖は未婚の女性が着用できるきものであるため、結婚式が振袖を着用する最後のチャンスであるといえるでしょう。
成人式の思い出が詰まった振袖を引き振袖にリメイクすることで、結婚式の思い出も格別なものになるはずです。

ただし、成人式での着用のために仕立てた振袖は、おはしょりを作った状態で柄の配置が合わせてあります。
引き振袖にリメイクするときには、納得がいくまで打ち合わせを行いましょう。

 

ママ振袖を娘の振袖にリメイク

振袖のリメイクといえば、ママ振袖が挙げられます。
ママ振袖とは、その名の通りママが成人式で着用した振袖を自分用にリメイクした振袖のこと。
ママから自分へ、自分から将来の娘へと代々大切にできることから、多くの人に選ばれているリメイク方法です。

着る人が一番似合う形になるよう、ぴったりサイズに仕立て直します。
「ママの時代の振袖は、今は古く見えるのでは?」と思う人もいるかもしれません。
ですが、合わせる小物や髪型など、コーディネートにこだわることでトレンドを押さえた着こなしが叶います。

ただし、長く保管していたものは状態が悪くなっていることも。
振袖に合わせたクリーニングを行いましょう。

 

ママ振袖を使ったリメイクがおすすめ!

ママが振袖を持っている、というときには自分用にリメイクしませんか?
振袖を大切に受け継ぐことで、成人式の喜びも増すはずです。

ママ振袖をリメイクするのなら、きもの振袖専門店の林屋がおすすめ。
林屋では、ママ振プロデュースと呼ばれるプランをご用意しています。

↓詳しくはこちら↓
ママ振プロデュース

 

丁寧なクリーニングで汚れのない振袖に

保管状態や年数によって、振袖が汚れてしまっていることも。
林屋のママ振プロデュースでは、綺麗な振袖で成人式に参加できるようクリーニングを行います。

振袖の状態に合わせて、的確にクリーニング。
振袖の素材を守りながら、汚れだけを落とします。
クリーニングで落ちない汚れは、職人の手によって隠しを施します。

林屋の信頼できる職人によって、汚れがわからないよう柄を描くのです。
バランスや色合いにこだわり、振袖本来の柄であるように見せます。

 

着る人に合わせた仕立直しでぴったりサイズに

ママの体型が必ずしも自分の体型に合うわけではありません。
振袖姿を美しく見せるためには、ぴったりサイズであることがポイント。
林屋のママ振プロデュースでは、着る人に合わせて仕立て直しを行います。

どの角度からでも美しく見えるよう、細かく寸法を測定。
寸法に合わせて振袖を仕上げます。

さらに、林屋なら長襦袢の裄直しを行うことも可能です。
手持ちの小物を上手に活用することができます。

 

プロがトータルコーディネートをお手伝い

ママ振袖を着用するとき、「おしゃれに見えるのか?」と疑問に思う人もいるでしょう。
たしかに、振袖の色や柄にはトレンドがあります。
ママの時代と今では、人気の高いものが変化しているかもしれません。

林屋のママ振プロデュースなら、コーディネート力に長けたスタッフが担当します。
そのときのトレンドを取り入れたおしゃれなコーディネートもお任せください。
もちろん、好みやなりたいイメージに合わせたコーディネートのご提案も可能です。

 

リメイクした振袖は、着こなしで今っぽさ抜群に!

ママ振袖を自分用にリメイクしたときには、コーディネートにこだわりましょう!
トレンドアイテムを組み合わせることで、どんな振袖も今っぽさ抜群の着こなしが可能です。

 

シンプルな振袖にレースを合わせて華やかに

こちらは、真っ赤なママ振袖を自分用にリメイク。
シンプルな振袖に金の帯を合わせ、豪華にコーディネートしています。
髪飾りと半衿、手袋にトレンドのレースを選び、レトロ感をプラスしているところがポイントです。

こんなアイテムはいかが?

こちらは、林屋がご用意するレースをあしらった帯揚げです。
帯元をすっきりと見せてくれるでしょう。

 

ボリューミーな衿で顔まわりをゴージャスに

こちらは、コーディネート全体を淡色で統一しています。
半衿と袖にチュールを選び、上品さと豪華な雰囲気を楽しめます。

衿にはレースをプラス。
胸元のブローチでアンティークな印象を与えるでしょう。

こんなアイテムはいかが?

こちらは、林屋がご用意する半衿です。
細かなレースが首元をすっきりと見せてくれます。

 

レースの袋帯でお姫様感アップ

こちらは、淡いピンクが可愛らしいコーディネートです。
全体をピンクで統一し、袋帯にレースをあしらっているところがポイント。
ふんわりガーリーな雰囲気を高めます。

こんなアイテムはいかが?

こちらは、林屋がご用意する重ね衿です。
形にこだわったレースが衿を豪華に仕上げてくれます。

 

落ち着いた色味の振袖に白を加えて清楚レディに

こちらは、紫のママ振袖を自分用にリメイク。
大きなレースを合わせて、清楚さのなかに今っぽさを感じさせます。
振袖の柄に合わせた白いレースが統一感をアップ。

こんなアイテムはいかが?

こちらは、林屋がご用意する半衿です。
大きなレースが顔まわりにあることで、上品な雰囲気を高めてくれます。

 

レースの手袋でレトロ&ガーリーな雰囲気に

こちらは、黒い振袖にレースを合わせて大人ガーリーに仕上げています。
レースの半衿と手袋がキュートです。
ほんのりレトロ感を加えることで、よりおしゃれに感じさせるでしょう。

こんなアイテムはいかが?

こちらは、林屋がご用意する半衿です。
絶妙な色合いをご用意し、どんな振袖にも組み合わせられます。

 

まとめ

振袖のリメイク方法についてご紹介しました。

創業85周年のきもの振袖専門店である林屋は、岡山倉敷香川丸亀の2店舗を展開しています。
9月23日より「大振袖展&レンタルご予約会&ママ振りコーディネート会」を開催中です。
このイベント限定で、ママ振袖のリメイクご成約による12個の特典をご用意しています。

同時に「新作振袖発表会」も開催。
自分用の振袖を選びたい人も、お気に入りが見つかるはずです。
振袖と小物はあわせて5,000点以上の西日本最大級&岡山・香川県下No.1の品揃えでお待ちしております。

来店予約により、人気韓国コスメのプレゼントも実施しています。
ぜひ、ご予約の上ご来店ください。

↓詳しくはこちら↓

最新のお知らせ
最新ブログ記事
最新コラム記事
カテゴリー
過去の記事

振袖・きものブログ

コラム



岡山県倉敷市 児島店

林屋 児島店
岡山県倉敷市 児島店
岡山県倉敷市児島下の町10丁目392-5
営業時間 9:30〜19:00
定休日  毎週火曜日

香川県丸亀市 飯山店

林屋 飯山店
香川県丸亀市 飯山店
香川県丸亀市飯山町下法軍寺691-6
営業時間 9:30〜19:00
定休日  毎週火曜日
香川県丸亀市 飯山店 詳細情報はこちら

お問い合わせ


採用情報

採用情報
大振袖展